2018年上半期に出会った10曲

フォローしてる音楽系のブロガーさんがやっていて面白かったので、真似して僕も書きます!
順番は決められないので、あくまで番号は10個のうちの何個目という意味です。

あと、あくまで2018年上半期に"出会った"曲なので、発売年は関係ありません!

では、check it out!!

①あたしの残り全部あげる/まねきケチャ

やっぱり僕の2018年上半期を代表するのはこの曲、このグループだな、と思います。

サビの
「あたしのーのこーりぜーんぶーあげるー」
はずっと頭の中をグルグルしている、
超名フレーズ!!

そして、詞全体も、読めば読むほど、
あぁ。。。わかる。。。
と胸キュンならぬ、胸イタソング。
こんな歌詞、書けるようになりたい!!

まねきケチャ、武道館も決まってるし、全力で応援!!

②プロミスザスター/BiSH

アイドルさんと関わらせてもらったことの1番大きな変化のひとつは、聞く音楽がすごく広がったこと。
このBiSHも、一応枠としては"アイドル"らしいのだけれど、まぁそんなのどうでも良くない?
と思えるほど、とても良い曲、そして素晴らしい歌唱力。

特にアイナ・ジ・エンドの声は心を"優しく"ではなく"ざらつかせて"撫でていくので、
時間が経っても傷のように跡を残して、
何度も聞きたくなります。

そして、何度も聞いているうちに、
セントチヒロ・チッチの安定した歌声にもハマっていく、というとても良いループに…。

松隈さんというサウンドプロデューサーに
今とても興味を持っています。

③花鳥風月/コアラモード

東洋経済オンラインに掲載してもらって、それを見てオファーをいただいた東京FM出演の日の朝、出演前に聞いていたその番組で流れていた曲。
https://toyokeizai.net/articles/-/219584
サビがとても力強くキャッチーで、
一聴しただけで好きになってしまいました。

出演が終わってから、聴きながら帰ってました。


④残ってる/吉澤嘉代子

ここからの3曲は、
好きだったモデルさんと一緒にお仕事させてもらうことになって、
そのモデルさんに教えてもらった曲。

吉澤嘉代子さんの「残ってる」は、
本当に嫉妬が止まらない素晴らしい曲で、
この"夏の朝帰り感"が表現出来ていて、
とっても好きな曲です。

⑤蝶々結び/Aimer

これも紹介してもらった曲。
この曲は、RADWIMPSの野田さんが提供したものでタイトル通り「蝶々結び」について歌っているのですが、はじめから最後の一行まで全くブレずにただひたすら「蝶々結び」のことを歌っている、という野田洋次郎の才能が爆発している一曲です。

⑥たばこ/コレサワ

これも紹介してもらった曲。
この曲を知った時、
「なんでこんな良い曲をタイムリーで知ることが出来ないんだ…」
と落ち込んだ記憶があります。
 
歌詞もコード進行も、
とってもシンプルなのに、というかシンプルだからこそ、
ものすごく好きなタイプの音楽。

特に、CとFmの使い方がとっても好き。

⑦Versace On The Floor/Bruno Mars

Bruno Marsは2018年のグラミーを7部門も受賞してしまう恐ろしい記録の持ち主で、
さすがにちゃんと聴き込まないとヤバイだろうと思って聞いていたのですが、
この曲は、とってもブルーノがセクシーで、
男の僕でも「いやん」ってなってしまいます。

というかブルーノって、マイケルジャクソンを同時代で見れてるくらい、レジェンダリーな存在なのでは?と思ってるんですけど、
どうですか?

⑧聖なる夜の贈り物/秦基博

これはまねきケチャの千愛ちゃんの生誕祭の為に、秦基博さんの「アイ」を練習している時に同じアルバムに入っていてたまたま知った曲。

最近は、アルバム単位で音楽を聴かなくなってきたけど、
アルバムの良さは、目的としてた曲ではない曲も流れてきて、いつのまにかそっちの曲も好きになってる、ということがあることなんですよね。

秦さんの優しい感じが良く出ている、とてもいい曲。


⑨Blank Space/Taylor Swift

この曲は厳密に言うと、もっと前に出会ってる気がするんだけど、
最近、再会して、あらためて衝撃を受けた曲です。

原曲もいいのですが、
このグラミーでの、トークも交えて、アコースティックで歌うバージョンが、
テイラーのかわいさを3倍増しにしているので、とっても好き。

⑩生きていたんだよな/あいみょん

あ、これもモデルさんに教えてもらった曲だ。笑

僕はわりかし、自分が好きな人の影響を受けやすいのですが、
この曲は、
素直に影響を受けて良かった。
この曲を、あいみょんを知れて良かった、
と思えるくらいの2010年代を代表する名曲だと思います。

Aメロの畳み掛ける言葉の詰め込みかた、
Bメロで少し余白を持たせて、
そしてサビで
「生きて生きて…」と繰り返す。
もう完璧な曲だと思います。



こうして振り返ると、
2018年の上半期は、
女性アーティストばかりだな、と思いますが、
若い女の人と関わる機会が多かったからかな?

共通しているなって思うのは、
「歌に命かけてる」
というのがひしひしと伝わってくることです。

「歌うことこそ、自分の生きている意味」
というくらい、
歌に力が、魂がこもってる感じがする、
ということです。

やっぱ歌は、心、ですね。
ーー

そして、
人との出会いは、音楽との出会いでもあるんだな、と思いました。
この音楽に出会った時のこと、聞いていた時のこと、聞いていた時の気持ちや感情の動き、そういうのを思い出しますね。

上半期はどんな素敵な音楽と出会えるかなー!!

あなたの10曲も、教えてください🙆‍♂️✨


四元壯のHP/Sho Yotsumoto's HP

”流し”の四元壯のHPです。 This is a web site as Sho Yotsumoto.

0コメント

  • 1000 / 1000